FC2ブログ
あしがらリバーフェスティバルへ行ってきた!
2010年4月 018a 
あしがらリバーフェスティバルへ行ってきた!!
多肉好きなら知ってるかもしれない、新松田駅から徒歩15分くらいの酒匂川。
その酒匂川にアヒルちゃんをドバーーーっと流して順位を競う、単純なんだけど可笑しくて、わくわくするイベント。

会場にはB-1グランプリで優勝したという屋台が出て、担担焼きそばとか、厚木シロコロホルモンとか、小田原おでんとかを作っている。
今日は朝から気持ちが良い青空だったので、たくさんの人が会場に来てビール片手に屋台料理を食べていた。
人気の店は長い列が出来てて3時前くらいに売り切れのお店もあった。 

 
2010年4月 003 

アヒルちゃんがスタートしたところは買い食いしてて撮り逃したけれど、川をぷかぷか流れる無数のアヒルちゃんの群れは、のどかで楽しくて良かったなぁ。 

2010年4月 022 
レースを終わったアヒルちゃん達はイベントスタッフさんが川からしっかり回収して、参加チケットと引き換えにつれて帰ることが出来る。
会場スタッフさんの話では15000匹ものアヒルちゃんを川に流したんだって(◎o◎)

2010年4月 029

大きいアヒルちゃんは町長さんのだとかw
共に出走した記念にお持ち帰りのアヒルちゃん達と記念撮影。
いやーー。楽しいイベントだった。
ありがとう♪

あしがらリバーフェスティバルのHPはこちら↓
http://www.kintaro-duckrace.com/index.html
posted by ダダ
category:楽しかったぁ  

thema:散策・自然観察 - genre:趣味・実用


オニゲシ
IMG_0494.jpg
オニゲシ(オリエンタルポピー)
4月10日出かけた先の豚カツ屋さんのテラスにて撮影♪
ポピーの花が好きで見かけるとついつい撮ってしまう、旧ブログを見たら2008年にも大船フラワーセンターで撮っていた。
また見に行きたいなぁ。
posted by ダダ
category:その他の植物  

thema:散策・自然観察 - genre:趣味・実用


庭のイカリソウ
IMG_0551.jpg
庭に咲いているイカリソウ。
花の形が船のイカリに似ていることから付けられた名前。

IMG_0554.jpg 葉の部分を干して煎じると滋養強壮になるとか。

IMG_0561.jpg
ピンク色のもある。

IMG_0563.jpg
これは花の突起が短いタイプ。

IMG_0565.jpg 
posted by ダダ
category:庭の植物  

thema:ガーデニング - genre:趣味・実用


アエオニウム属 【arboreumの一種?】

IMG_0489.jpg


アエオニウム属 【arboreumの一種?】
お昼を食べに入った豚カツ屋さんのテラスで、立派なアエオニウムの寄せ植えに出会った。
詳しい種類は分からないけれどarboreumの一種だと思う。肥料も水もたっぷりもらっているように見えたのでサンシモンとか黒法師とかの色が抜けたやつかもしれない。
高さが40cm直径が30cmくらいの大きなテラコッタの鉢に植えられて、すごく良かった。

IMG_0491.jpg
私もこんな感じの寄せ植え作りたいなぁ…まずは栽培している黒法師をガンガン増やすかぁ?
つーか今育ててる寄せ植えの頭を落とすかぁ?
Ψ(*`▽´*)Ψウヒョヒョ

posted by ダダ
category:その他の植物  

thema:サボテン・多肉植物・観葉植物 - genre:趣味・実用


アエオニウム属 【サンシモンバイオレット】
IMG_0400.jpg
アエオニウム属 【サンシモンバイオレット】

昨年ANOTHER PLACEのくゆらさんのとこからやって来た。
寒い時期は縮こまってたけど最近少しずつ葉っぱを伸ばして、色も鮮やかになってきた♪

IMG_0409.jpg


この記事を書くのに少し調べたら「サンシモンバイオレット」は登録品種なのね!
2009年2月6日に愛知県の人が登録してる!
へぇぇ。多肉も登録するんだねぇ。

サンシモンバイオレッドの特性のところに面白いことが書いてある。
「…出願品種『サンシモンバイオレット』は、対照品種『黒法師』と比較して、葉の表面の覆輪の有無が有であること等で区別性が認められる。対照品種『サンシモン』と比較して、葉の表面の覆輪の有無が有であること等で区別性が認められる。※1」

植物は時間と手間をかけて新たに育成した品種でも、栄養繁殖によって簡単に増殖できてしまう。 そのため登録品種として農林水産大臣あてに一定の用件に基づいて届けておけば、ある程度の権利が守られる。
例えば、何がしかの権利侵害が認められた場合には、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金が課せられるので、登録者以外の者がむやみやたらに増やして販売できなくなるといったこと。
今はバイオテクノロジーの向上も目覚しく、細胞レベルでの栄養繁殖も普通に行われている。
多肉植物も例外ではない。
面白い。

※1参考サイト
『登録品種データベースのサンシモンバイオレット』(アクセス2010年4月15日)
http://www2.hinsyu.maff.go.jp/maff/hinshu.nsf/detaildoc?openform&parentUNID=FB4309689B0C78E54925713B00364C4B

『品種登録ホームページ』
http://www.hinsyu.maff.go.jp/
ハワーシアとセダムで検索すると登録されている品種がいくつか出てくるw

posted by ダダ
category:アエオニウム属  

thema:サボテン・多肉植物・観葉植物 - genre:趣味・実用


PREV | HOME | NEXT