スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ダダ
category:スポンサー広告  

真鶴サボテンランドの跡地
IMG_9802.jpg
2004年に閉鎖された真鶴のサボテンランド。温室は既に取り壊されてなくなっているものの、現在は町営の「お林展望公園」として無料開放されている。
その「お林展望公園」に残された植物の中にかなり大きなリュウゼツランがあった。
1メートルは超えてたかなぁ。

帰ってたら調べてみると「アオノリュウゼツラン」Agave americana と思われる。
戸外栽培可能な種だからきっと頑丈なんだろう。

そうそう。「アオノリュウゼツラン(アガベ・アメリカーナ)」「アガベ・アスール・テキラーナ」「アガベ・アトロビレンス」は絞って蒸留すると酒になる。その中でも特定の地域で栽培された「アガベ・アスール・テキラーナ」使って、さらに一定の地域で製造されたものだけがテキーラを名のれるそうだ。
んで、それ以外はメスカルという違う名前で呼ばなくてはならないらしい。
シャンパンはシャンパーニュ地方で作られた8種のぶどうを材料として醸造されたものである…とかと同種の定義付けだね。

写真のリュウゼツランの株元をみると切り取られた下葉のあとが長い年月を感じさせる。
地植えにされているし管理の手間もかからないと思うので、可能な限り残してもらいたい。
posted by ダダ
category:楽しかったぁ  

thema:サボテン・多肉植物・観葉植物 - genre:趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。